ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 研究者・研究紹介 > 重点研究事業 > 平成29年度 重点研究地域課題解決研究活動報告(5)

平成29年度 重点研究地域課題解決研究活動報告(5)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月9日更新

ドローン活用事業を創発する中小企業者育成プログラムの開発・実践に関する研究

概要

 

研究代表者

学部・学科

経営管理研究科

職位

准教授

氏名

村上 敏也

課題提案者

庄原市(企画振興部いちばんづくり課)

研究課題名

ドローン活用事業を創発する中小企業者育成プログラムの開発・実践に関する研究

研究の概要

 本研究は,経営人材育成プログラムの開発・実践により,産・学・官・農・民の垣根にとらわれず,庄原市におけるドローン技術の事業化に関心を持つ人財が集い,具体的な協働を実践する「相互に学びあう場」を提供することを目的としています。

活動状況

1.庄原市講習参加者へのニーズ調査

庄原市との協力により,庄原市の講習会等に参加する市民やその他の関係者が抱くドローンの事業活用に対するニーズをヒアリングにより確認し,人材育成プログラムへの潜在的な参加者を探りました。

2.事業活用例・教育実践例の調査

ドローン等の新規技術の事業活用例や教育実践例を調査し,庄原市におけるドローン活用ニーズや教育プログラムへの想定される参加者,事業活用例,教育実践例などの情報を整理し,本研究において達成すべき人材育成プログラムの具体的な教育目的や,育成人材像を特定し定義しています。

3.教育手法・カリキュラムの検討,教材開発

ケースメソッド授業による討議型授業と,参加者相互の協働により具体的な新規事業を共創するためのワークショップやプロジェクトを組み合わせた教育手法を開発中です。

4.説明会の開催・参加者の募集

教育プログラムのアウトラインについて説明したプレゼンテーション資料を作成し,潜在的な参加者をはじめ,庄原市内外の関係者に対して説明を行っています。現在,実証授業の実施に向けて活動中です。

  

 問合先

県立広島大学 経営企画室

〒734-8558
広島県広島市南区宇品東一丁目1番71号
電話番号 (082)251-9534(ダイヤルイン)
電子メール kikaku2@pu-hiroshima.ac.jp


このページのトップへ