ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学生生活 > 緊急災害時の対応 > 台風等非常時における授業の取扱いについて

台風等非常時における授業の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月30日更新

各キャンパスにおける台風等非常時における授業の取扱いについては,次のとおりとする。

広島キャンパス

重大な災害の危険性が著しく高まっている場合,台風の接近又は公共交通機関の運休その他不測の事態が生じた場合において,県立広島大学広島キャンパスで行う授業(学期末試験を含む。以下「授業」という。)の実施が困難な場合における授業等の取扱いに関し,必要な事項を定める。

 1  授業の取扱いについて

(1) 暴風警報等の発令による休講措置

広島地方気象台から広島市に「特別警報」,「暴風警報」,「大雪警報」又は「暴風雪警報」のいずれかが発令された場合は,次のとおり休講措置を講じる。

  • 午前7時に警報発令中,もしくは午前7時から午前9時(授業開始時刻)までに警報が発令された場合は,当日午前の授業を休講とする。
  • 午前10時に警報発令中の場合は,当日午後の授業を休講とする。
  • 授業開始後に警報が発令された場合は,それ以後に開始する授業を休講とする。ただし,「特別警報」が発令された場合は,直ちに休講とする。

(2) 交通機関の運休による休講措置

広島電鉄の電車(1・3・5号線)・バス(12号線(戸坂~仁保方面))及び広島バス(31号(翠町)線)のすべてが運行を停止した場合は,次のとおり休講措置を講じる。

  • 午前7時に運行停止中,もしくは午前7時から午前9時(授業開始時刻)までに運行が停止された場合は,当日午前の授業を休講とする。
  • 午前10時に運行が停止されている場合は,当日午後の授業を休講とする。
  • 授業開始後に運行停止された場合は,それ以後に開始する授業を休講とする。

 (3) 休講措置に伴う補講

休講となった授業については,補講を行うこととする。

(4) 他キャンパス発信の遠隔講義の場合

遠隔講義の実施の有無にかかわらず,広島キャンパスでは上記の扱いとし,補講等については,後日調整を行う。

(5) 学外実習の場合

 教育実習,インターンシップ等の学外実習の場合は,実習先指導者の指示に従うものとする。

2 その他の緊急事態

 地震等の緊急事態が発生し,授業の実施に支障があると認められる場合の休講等の措置については,副学長(教育・学生支援担当)が決定する。

3  休講措置の周知方法等

  1. 学生及び教職員は,マスメディア等により警報発令状況等を確認し,適切に対応すること。
  2. 教学課は,掲示,Eメール,学生用ポータルサイト,学内放送等により速やかに学内に周知する。
  3. 教学課は,休講となる授業の非常勤講師に対して,速やかに周知する。

4  その他  

台風等非常時における授業の取扱いについて [PDFファイル/162KB]

庄原キャンパス

  重大な災害の危険性が著しく高まっている場合,台風の接近又はスクールバスの運休その他不測の事態が生じた場合において,県立広島大学庄原キャンパスで行う授業(学期末試験を含む。以下「授業」という。)の実施が困難な場合における授業等の取扱いに関し,必要な事項を定める。

1  授業の取扱いについて

(1) 暴風警報等の発令による休講措置

 広島地方気象台から庄原市に「特別警報」が発令された場合,「暴風警報」及び「大雨警報」が同時に発令された場合,又は「暴風雪警報」,「大雪警報」のいずれかが発令された場合は,次のとおり休講措置を講じる。

  • 午前6時に警報発令中,もしくは午前6時から午前9時(授業開始時刻)までに警報が発令された場合は,当日午前の授業を休講とする。
  • 午前10時に警報発令中の場合は,当日午後の授業を休講とする。
  • 授業開始後に警報が発令された場合は,それ以後に開始する授業を休講とする。ただし,「特別警報」が発令された場合は,直ちに休講とする。

(2) スクールバスの運休による休講措置

 スクールバスが運行を停止した場合は,次のとおり休講措置を講じる。

  • 午前7時に運行停止中,もしくは午前7時から午前9時(授業開始時刻)までに運行が停止された場合は,当日午前の授業を休講とする。
  • 午前10時に運行が停止されている場合は,当日午後の授業を休講とする。
  • 授業開始後に運行停止された場合は,それ以後に開始する授業を休講とする。

 (3) 休講措置に伴う補講

 休講となった授業については,補講を行うこととする。

(4) 他キャンパス発信の遠隔講義の場合

 遠隔講義の実施の有無にかかわらず,庄原キャンパスでは上記の扱いとし,補講等については,後日調整を行う。

(5) 学外実習の場合

 教育実習,インターンシップ等の学外実習の場合は,実習先指導者の指示に従うものとする。  

2  その他の緊急事態

 地震等の緊急事態が発生し,授業の実施に支障があると認められる場合の休講等の措置については,学部長が決定する。

3  休講措置の周知方法等

  1. 学生及び教職員は,マスメディア等により警報発令状況等を確認し,適切に対応すること。
  2. 教学課は,掲示,Eメール,学生用ポータルサイト,学内放送等により速やかに学内に周知する。
  3. 教学課は,休講となる授業の非常勤講師に対して,速やかに周知する。

 4 その他

台風等非常時における授業の取扱いについて [PDFファイル/131KB]

三原キャンパス

 台風の接近,その他不測の事態が生じた場合において,県立広島大学三原キャンパスで行う授業(学期末試験を含む。以下「授業」という。)の実施が困難な場合における授業等の取扱いに関し,必要な事項を定める。

1  授業の取扱いについて

(1) 休講について

 広島地方気象台から三原市に「特別警報」,「暴風警報」のいずれかが発令された場合,警報発令後に開始する授業を休講とする。
 ただし,「特別警報」が発令された場合は,直ちに休講とする。

(2) 警報解除等に伴い,授業を実施(再開)する場合

  • 午前6時30分までに警報が解除された場合
    1時限の授業から実施する。
  • 午前10時までに警報が解除された場合
     3時限の授業から実施する。

(3) 休講措置に伴う補講

  休講となった授業は,原則として補講を行うこととする。 

(4) 他キャンパス発信の遠隔講義の場合

  遠隔講義の実施の有無にかかわらず,三原キャンパスでは上記の扱いとし,補講等については,後日調整を行う。 

(5) 学外臨床実習の取扱い

 実習担当教員は,学科長と協議しながら各実習施設の状況等により休講等の措置を決定し,学科長は,このことを学部長に報告する。  

2  その他の緊急事態

 地震等の緊急事態が発生し,授業の実施に支障があると認められる場合の休講等の措置については,学部長が決定する。

3  休講措置の周知方法等

  1. 学生及び教職員は,マスメディア等により警報発令状況等を確認し,適切に対応すること。
  2. 教学課は,掲示,Eメール,学生用ポータルサイト,学内放送等により速やかに学内に周知する。
  3. 教学課は,休講となる授業の非常勤講師に対して,速やかに周知する。

 4  その他

台風等非常時における授業の取扱いについて [PDFファイル/145KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ