ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

健康管理

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月5日更新

学生生活が健康で快適に送れるように、学校保健安全法に基づく健康診断や健康相談、健康管理などを行っています。

(1) 健康診断

健康診断は、毎年1回実施する定期健康診断と実習などで必要と認められる場合に行う健康診断があります。
実施に当たっては、事前に日時、場所などを掲示しますので、該当する学生は、全員受診してください。
なお、異常が発見された場合は、学校医の指示に従ってください。

定期健康診断

  学校保健安全法に基づき、全学生を対象として行うこととされているもので、 身体測定、血圧測定、視力検査、尿検査、聴力検査、血液検査、胸部レントゲン検査、内科検診などを行います。

(2) 保健室

心身の健康に関する相談がある場合は,気軽に保健室においでください。
学内において発病又は負傷した場合は,保健室(不在の場合は教学課)に連絡し,処置を受けてください。休養が必要な場合は,ベッドを利用できます。
また,必要がある場合は,医療機関を紹介します。ただし,その場合の費用は自己負担となります。

(3) 健康保険遠隔地被保険者証

病気やケガで医療機関を利用するときには,健康保険証が必要です。加入している健康保険により形態が違いますが,1人1枚保険証を交付されていない場合(家族で1枚の保険証)は,「健康保険遠隔地被保険者証」の交付を受けてください。
交付手続には,教学課で交付される在学証明書が必要です。保護者を経由して,被保険者の勤務先などに申請してください。

(4) 健康診断証明書の発行

証明書自動発行機で交付が可能です。または所定の申込用紙に必要事項を記入し,教学課に申し込んでください。
(大学で毎年実施する健康診断を受診していない場合には発行できません。)


このページのトップへ