ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合教育センター > 海外留学体験談 【短期海外研修】

海外留学体験談 【短期海外研修】

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月5日更新

ソウル市立大学校インターナショナルサマースクール (韓国)

参加学生氏名宮地 綾
所属人間文化学部 国際文化学科
参加年次1年次
期間

2013年8月4日~8月23日 (約3週間)

ソウル市立大学校

 今回のサマースクールへの参加目的・目標は、1つは韓国語の語学力の向上、もう1つは3週間で韓国の学生生活を体験し、現地でしか体験できない文化の違いなどを発見することであった。

 サマースクールの授業は、韓国語の授業と韓国のマスコミ・大衆文化の2つの授業を受講した。韓国語の授業は、韓国でレベル分けのテストを受け、4クラスに分かれて受けた。私のクラスは韓国語で授業が行われるクラスで、授業の内容は、若者がLINEやカトクなどで使う“ᄎᄏ축하해おめでとう)ㅇㅋ(OK)などといった略語や、文法・動詞の活用など、詳しく学ぶことができた。授業開始から数日間は、授業の内容を理解するのは難しかったが、先生のジェスチャーや、その都度辞書で調べることで、少しずつ理解できるようになった。また、少人数での授業だったこともあり、発表や質問などもしやすい環境で勉強することができた。

 また、サマースクールの「文化体験」というプログラムでは、韓服を着たり、サムルノリを演奏するなど貴重な体験をすることができた。更に、現地学習として訪れた済州島では、世界自然遺産を自分の目で見ることができ、2日間という短い期間ではあったが、とてもいい経験になった。寮での生活は、色々な国の学生が生活していたので、韓国人だけではなく他の国の人とも交流することができた。夜にバディの友達と集まることが多かったので、韓国語を話す機会が多くあり、自然な会話のやり取りを勉強することができた。

 今回の研修で、自分自身の韓国語の学習意欲を更に高めることができた。韓国人バディには日本語を流暢に話せる人が多く、とてもいい刺激になった。研修当初、目的としていた語学力向上や、異文化の発見はバディと一緒に生活をする中で達成することができたように思う。今回の研修を生かして今後も韓国語の会話力を向上させていきたいと思う。


このページのトップへ