ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉学専攻 > 修了生が大学院での研究成果を全国学会で発表しましたPart 1

修了生が大学院での研究成果を全国学会で発表しましたPart 1

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月2日更新

修了生が大学院での研究成果を全国学会で発表しましたPart 1

2017年5月12日~5月14日に千葉市の幕張メッセで開催された第52回日本理学療法学術大会にて,
大学院保健福祉学専攻の平成28年度修了生が修士課程での研究成果の一部を口頭発表してきまた。

チーム医療の教育については,医学・保健学関係の大学・学部での教育の取り組みが盛んに紹介されるように
なりましたが,医療現場での教育についての報告はほとんどありません。

本報告はその意味で大変貴重であり,続報を他の学会でも発表する予定です。

発表タイトル:木曽貴紀,他「理学療法の臨床実習における効果的なチーム医療・多職種連携教育の検討」
大学院修了生1

このページのトップへ