ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健福祉学専攻 > 保健福祉学専攻長メッセージ

保健福祉学専攻長メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

保健・医療・福祉の総合的な理解と探究を

保健福祉学専攻長


保健福祉学専攻長  沖田 一彦

 超高齢少子化社会の到来が危惧されている現在、保健・医療・福祉分野の総合的な理解と連携を図っていくことが不可欠となります。また、そのうえで、各分野の問題を探究し解決していく必要があります。保健福祉学専攻では、「地域保健学・実践看護学分野」、「総合リハビリテーション分野」、「ヒューマンサービス分野」の各分野において、それらの実践を目指しています。

 本専攻の特徴として、専門領域で実践経験を積んだ社会人の大学院生が多いことです。そのため、授業が夜間や土日に開講されているものが多いこと、長期履修制度を設けていること、また広島キャンパスでのサテライト開講が可能な分野があることが挙げられます。

   私たちと一緒に、保健・医療・福祉の立場から、より良い社会の構築を目指していこうではありませんか。


このページのトップへ