ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > 【経営学科】朴ゼミが江田島市のワークショップに参加しました

【経営学科】朴ゼミが江田島市のワークショップに参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月10日更新

 本学の地域連携センターの平成31年度地域戦略協働プロジェクト(「江田島市人口減少の原因分析について」)の一環として、9月29日に江田島市能美市民センターで“第1回江田島市「まち・ひと・しごと創生」市民ワークショップ”が開催されました。このプロジェクトのメンバーとして、朴ゼミの学生たち(3年生4名)と安芸南高校の生徒3人とともに、市外の学生として参加しました。当日は、江田島市民や江田島市職員の方たちと一緒にグループを組み、江田島市の未来をよくするためのアイデアワークを行いました。冒頭で、朴ゼミの学生が江田島市の課題及び解決策について、データを基に調査した結果を発表し、理解を深めました。その後、「仕事」、「子育て環境」、「健康寿命延伸」、「定住促進」の4つのチームに分かれ、それぞれの視点から江田島市の人口減少の解決策について話し合いました。現地の方のリアルな声を聞きながら学生たちもそれぞれ発言する場を設けてもらいとても貴重な時間になりました。今後は、今回出たアイデアを江田島市の各担当職員が精査した後、第2回ワークショップでさらに議論を深めていくこととしています。

(文責:朴)
安芸南高校の生徒3人と記念写真
安芸南高校の生徒3人と記念写真
ワークショップで意見を出し合う様子(定住促進チーム)
ワークショップで意見を出し合う様子(定住促進チーム)

このページのトップへ