ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 看護学科 > 看護学科長メッセージ

看護学科長メッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

チーム医療の中で全人的な看護を目指す

看護学科長看護学科長  松森 直美

 医療の高度化や価値観の多様化など社会の変化に対応しながら、多面的に地域や人々を理解し、ニーズに応えていくことが看護職に求められています。対象となる人々のQOL(生命の質)を高める最良のチーム医療の実現には、多職種が相互に役割を理解し、主体性を発揮することが必要です。本学科では、全人的な対応ができる人間性豊かな看護師、保健師に必要な全学共通教育科目、人間と社会生活の理解に関する科目、チームアプローチを学ぶ保健医療福祉を発展させる科目、実践の科学としての看護を追及する看護専門科目を段階的に学びます。

 少人数制のきめ細やかな教育によって看護の魅力を感じながら高度な知識・技術を身につけ、広く地域社会に貢献し生涯にわたり学習し成長し続ける資質を育てます。看護職への意欲をもって活躍したいと思っているあなた、ぜひ共に学びましょう。                                                             

                            


このページのトップへ