ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

看護学科

看護学科

看護学科の特長

生涯にわたる健康ライフを、豊かな人間性と看護技術で支える。

看護

 

 保健・医療・福祉の対象となる人々に全人的な対応ができる豊かな人間性を有し、看護の専門職業人として社会的責任を自覚できることを目指した教育を行います。高度な知識・技術によって広く地域社会に貢献するとともに、他職種との連携において主体的な役割を果たすことができ、生涯にわたり学び続ける資質を備えた看護師、保健師を育成します。

求める学生像(アドミッション・ポリシー)

  • 生命への尊厳をもち、人類愛に満ちた人間性豊かな人
  • 科学的探究心と自ら学ぶ学修意欲のある創造性豊かな人
  • 多様な価値観を受け入れる柔軟性と協調性のある人
  • 生涯にわたって専門性を発揮しようとする意欲と行動力を備えた人

人材育成目標

 豊かな人間性の形成と学問としての看護を追究する教育を基に、変動する社会のニーズに応じて主体的に役割を果たし、自立して活躍できる看護師、保健師を育成します。

学科の特色

主体性とチーム力の育成

 保健・医療・福祉を発展させる基礎的な資質を養うために、学生が自らテーマを選択し、主体的な学習スキルを身に付ける「大学基礎セミナー」、また、他職種とのチームアプローチのあり方、連携方法を検討し、それぞれの役割をより深く理解するための「チーム医療福祉演習」を設定しています。

看護の基礎から段階的に学習

 看護学に関する科目は、成長発達段階と健康段階、場と状況の特性に応じた看護専門科目と統合科目で構成しています。
・看護の基本的な考え方と方法
・健康の保持・増進,特殊な健康状況や回復過程の援助にかかわる理論と方法
・成長発達段階や施設あるいは地域・家庭という場や状況に応じた看護の特性
・看護の知識を統合し、さらに発展させるための理論と方法

少人数制で充実した実習環境

 臨地実習は、看護学の知識と技術を臨床の場において適用し、理論と実践の統合を図ることを目的とします。県立広島病院をはじめとする県内の病院、社会福祉施設、保健所、市町、訪問看護ステーション等、実習指導者、施設設備等の受入体制が整った施設において少人数制で実施します。 

看護

看護

 

各種お知らせ


このページのトップへ