ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】県大へ行こう-授業公開週間-の様子

【看護学科】県大へ行こう-授業公開週間-の様子

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月7日更新
 「県大へ行こう-授業公開週間-」が三原キャンパスで開催されました(7月20日~24日)。看護学科の教員が担当する下記の授業を公開しました。参加した高校生と保護者の方は延べ47名で、在校生の中に入り講義を聴講し、演習も間近で見学してもらいました。

  授業科目名 担当教員 参加者数
20日3・4時限 成人看護方法論 黒田寿美恵 准教授 12名
    5時限 解剖学概論 津森登志子 教授 28名
21日3・4時限 日常生活援助方法論Ⅰ 折山早苗 教授 2名
23日1・2時限 看護倫理 松森直美 教授 5名

成人看護方法論では、実演を交えたグループディスカッションを見学
ホワイトボードを使い、実演を交えたグループデイスカッションを見学してもらいました

手術後の患者へのケアについて在校生と一緒に考える高校生たち
手術後の患者へのケアについて一緒に考える本学学生と高校生

在校生から声をかけ、演習に参加する高校生たち
在学生に「一緒にやってみない?」と誘われ、演習参加する高校生たち

このページのトップへ