ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】FD研修会(シミュレーション教育)を実施しました

【看護学科】FD研修会(シミュレーション教育)を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月16日更新

日時:平成29年12月26日(火)9時00分~12時00分
場所:三原キャンパス3307基礎看護実習室
講師:亀岡正二氏(レールダル メディカル ジャパン株式会社 看護師)
参加教員:24名

 シミュレーション教育とは,臨床現場での状況を学修者のレディネスに合わせて模擬的に再現した環境での体験型学修のことです。教え込む教育方法ではなく,学修者が主体的に学ぶ学修者中心の教育です。
本学看護学科では,複数の科目でシミュレーション教育を導入していますが,より一層系統的・発展的に実施していくために今回FD研修会を実施しました。
 呼吸器疾患患者のシナリオを用いた模擬シミュレーション教育を教員が参観するという形で行い,学修者役として看護学科3・4年生の学修支援アドバイザー20名が協力してくれました。
実施後は,学修支援アドバイザーから,看護学科の授業にさらにどのように取り入れていけばよいか,教員に どのような支援を求めるか,について意見をもらい,教員全員で共有しました。
今後の授業改善に活かしていきますので,ご期待ください。

シミュレーション教育

このページのトップへ