ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】三原シティカレッジ『あつまれ ナースのたまご!』を開催しました

【看護学科】三原シティカレッジ『あつまれ ナースのたまご!』を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月13日更新
 三原シティカレッジ『あつまれ ナースのたまご!』を8月18日、25日の2日間で開催し、小学1~3年生のお子さんと保護者10組の参加がありました。

 1日目は『自分のからだのことを知ろう!』をテーマに、腹痛時やけがの対応についてみんなで考え、「おなかが痛いときは、あたためる!」「けがをしたら、傷口を水で洗い流す!」など、発表をもとに対応方法を確認しました。
 また聴診器を使う体験では、「トクトク聞こえる!」と、心臓の音を確かめていました。

 2日目の『赤ちゃんを知ろう!』では、紐をへその緒にみたて、お母さんとお子さんをつなぎ、おなかの中にいたときの体験をしました。新生児人形を使った看護体験では、とても丁寧にケアをしていました。
 『高齢者を知ろう!』では、疑似体験装具を使った高齢者体験をしました。「動きにくいな~」と言いながら、座ったり、寝転がったりしました。
 また同伴した保護者には、乳がん触診モデルを使った自己検診の方法を紹介し、「検診は大切ですね」という声が聞かれました。

 ご参加ありがとうございました。

あつまれ ナースのたまご!1

あつまれ ナースのたまご!2

このページのトップへ