ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】第2回看護学科FD研修会を開催しました

【看護学科】第2回看護学科FD研修会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月30日更新
 日時:平成27年7月17日(金)13:00~14:30
  場所:三原キャンパス2210会議室

    以下の講習に参加した教員から看護学科の教員へ講習内容の紹介をしてもらいました。
 【テーマ】
  ◆伝達講習◆
      「看護教員のための授業力UPのポイント~学生の活動性を高める授業作り~」
      講師:前京都中央看護保健大学校副校長 池西 静江 先生:平成27年7月12日(日)開催
 【伝達者】
   看護学科 准教授 山中道代

 看護学科より教員8名の参加があり,活発な意見交換が行われました。
 看護過程演習へのシミュレーション教育の導入例,看護技術教育への反転授業の導入例,協同学習(ジグソー法)の実践例が紹介されました。
 また,講義において学生の活動性を高めるためには,「導入」「教材」「発問」が重要であり,学生を授業に引き込むための「導入」の実践例,「教材」として看護場面を再現したり,ワークシートを用いること,効果的な「発問」づくりの方法を学びました。
 今回の研修会を通して,アイデア次第でいろいろ工夫できることがわかりました。具体的な実践例を知ることで,自分たちが行っている講義への応用が見えてきたような気がします。学生が興味をもって取り組めるわかりやすい授業を行う上での参考にしたいと思います。

研修会の様子
研修の様子

このページのトップへ