ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】三原シティカレッジ’15(夏休み特別企画)「看護について見て・聞いて・体験しよう」を実施しました

【看護学科】三原シティカレッジ’15(夏休み特別企画)「看護について見て・聞いて・体験しよう」を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月4日更新
 2015年8月7日(金曜日)13時30分~16時30分,中学生を対象とした体験講座を実施しました。参加してくれたのは6名の女子中学生で、講義とグループワーク、演習を通して看護について知ってもらいました。演習では、「看護師になりきってやってみよう!」と題して、1次救命処置・血圧測定を体験してもらいました。また、看護体験から看護の魅力について話し合ってもらい、「人に尽くし、人を助けることができる」などの意見が挙げられていました。

1次救命処置を真剣に聞く中学生
1次救命処置を真剣に聞く中学生

お互いに血圧測定をしています。血圧計や聴診器の取り扱いに苦労しています。
お互いに血圧測定をしています。血圧計や聴診器の取り扱いに苦労しています。

看護体験で出来たこと・難しかったことを振り返り、看護の魅力について意見交換しました
看護体験で出来たこと・難しかったことを振り返り、看護の魅力について 意見交換しました

このページのトップへ