ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】三原シティカレッジ「高校生のためのプレママ・プレパパ教室」を開催しました

【看護学科】三原シティカレッジ「高校生のためのプレママ・プレパパ教室」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月16日更新
 2015年7月25日(土)26日(日)各9時30分~12時00分, 三原シティカレッジの「夏休み特別企画」として,「高校生のためのプレママ・プレパパ教室」を開催しました。この教室は高校生に乳児を身近な存在として意識し,親であることのイメージをもってもらうことが目的です。今年で3回目となるこの教室には市内の高校生17名が受講し,1日目に命の誕生や乳児の特徴についての講義とグループワークを行い,2日目に市内の4組の母子に協力してもらい,ふれあい体験を実施しました。
 1日目の講義が終わった後は,「楽しかった」などの声が聴かれ翌日のふれあいを心待ちにしているようでした。2日目のふれあい体験の後では,「お母さんになりたいと思った」「育児にはやりがいがある」などの感想が聞かれました。
     担当:看護学科・母性看護教員(日高・伊藤・滝口)

1日目の講義の中で高校生たちはまず人形を使って練習しました
1日目の講義の中で高校生たちはまず人形を使って練習しました

2日目のふれあい体験で赤ちゃんを抱いて高校生も自然と笑顔がこぼれていました
2日目のふれあい体験で赤ちゃんを抱いて高校生も自然と笑顔がこぼれていました1
2日目のふれあい体験で赤ちゃんを抱いて高校生も自然と笑顔がこぼれていました2

お母さんってすごい!!
お母さんの子育て話に聞き入り、手際のよい育児技術に感動していました
お母さんの子育て話に聞き入り、手際のよい育児技術に感動していました

このページのトップへ