ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 看護学科学生が実習前マナー講座を受講しました

看護学科学生が実習前マナー講座を受講しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月22日更新
平成26年1月15日、看護学科2年次生を対象に、キャリアセンター主催の「実習で役立つマナーアップ講座」が開催されました。

看護学科2年次生は毎年この時期に本講座を受講し、2月上旬から始まる基礎看護実習に備えています。また、実習だけでなく就職支援の一環とし、社会人として基本的な態度を身につける機会となることも目指しています

講座では、実習中の身だしなみ、挨拶、患者さんや実習指導者等周囲とのコミュニケーション方法について、外部講師の方が具体的な間違いやすい例を交えて紹介されました。また、実際にお辞儀や挨拶の練習をする等、学生は普段の実習時と同様に演習に取り組んでいました。

参加した学生にとっては、言葉遣い、姿勢、服装、携帯電話のマナー、個人情報の取り扱いなど、学内ではあまり意識しないマナーについて、実習前に改めて振り返る良い機会となりました。熱心に講師の話を聞いていた学生たちの様子が印象的でした。

マナー講座会場の様子
マナー講座会場の様子

実際にお辞儀の練習もしてみました
実際にお辞儀の練習もしてみました

このページのトップへ