ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > H26年度「県大へ行こう-授業公開週間-」で看護学科教員も授業公開しました

H26年度「県大へ行こう-授業公開週間-」で看護学科教員も授業公開しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月5日更新
7月21日(月曜日)から25日(金曜日)まで三原キャンパスで実施された「県大へ行こう-授業公開週間-」では、看護学科の教員が担当する下記の授業を公開しました。参加した高校生と保護者の方はのべ49名で、本学学生に混じって講義を聴講し、学生実習を間近で見学してもらいました。

           授業科目名      担当教員    参加者数
21日3・4時限  成人看護方法論   黒田寿美恵准教授  10名
     5時限  解剖学概論     津森登志子教授   20名
22日  1時限  保健医療福祉行政論 水馬朋子准教授   11名
24日2~4時限  看護倫理      松森直美教授     8名

実習室で実習前の注意を聞く学生に混じって緊張した表情の高校生たち
実習室で実習前の注意を聞く学生に混じって緊張した表情の高校生たち

グループディスカッションにも加わってもらいました
グループディスカッションにも加わってもらいました


ベッドサイドでの実演も交えた検討会を見守る高校生たち
ベッドサイドでの実演も交えた検討会を見守る高校生たち

様々な学科の学生たちも履修する大きな講義室での授業も受けてもらいました
様々な学科の学生たちも履修する大きな講義室での授業も受けてもらいました

このページのトップへ