ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が「にこにこクッキング」に参加しました

健康科学科の学生が「にこにこクッキング」に参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月28日更新

717日(木曜日)広島市南区の大河公民館で行われた男性料理教室に,健康科学科の4年生7名が参加しました。

今回のメニューは,学生たちが提案した「ゆかりごはん,わかめスープ,餃子,ゴーヤとパプリカの梅和え,わらびもち」です。学生たちは参加者の方と買い物をするところから一緒に参加し,メニューや調理法のご説明をしながら料理をつくりました。

参加者の方々はとても手際がよく,次々と出来上がる料理の完成度の高さに驚きました。食べる機会の少ないゴーヤやパプリカの扱いや,ふだんは作らない餃子に苦戦している方もいらっしゃいましたが,楽しんで作ってくださり嬉しかったです。出来上がった料理はすべておいしく,お腹も心も満たされました。なかなか触れ合うことのない世代の方々と,買い物から片付けまで一緒にすることができてとても楽しかったです。

料理教室の様子1  料理教室の様子2

料理教室の様子3  料理教室の様子4

一緒に料理を楽しむ大河地区の男性参加者13名と健康科学科の4年生

(稲村彩香さん,高田菜奈子さん,松原眞奈美さん,宮本采佳さん,森廣真菜さん,山本美里さん,横手裕衣さん)


このページのトップへ