ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国際文化学科

国際文化学科

国際文化学科
人間文化学部の学科一覧 人間文化学部へのリンク 健康科学科へのリンク 学部・大学院の一覧へのリンク
広島キャンパス

関連情報


国際文化学科の特長

世界のさまざまな文化を理解し、広い視野をもって他者と協力し合える人を育てる。

ローゼン准教授

複雑さを増している現代社会の一員として、人々の幸福と平和に貢献するためには、世界のさまざまな文化を理解し、広い視野をもって他者と協力し合うことが必要です。

国際文化学科では、英米、日本、東アジアの文化に関わる体系的知識と言語運用能力とを身につけ、柔軟な発想で社会の諸問題に対応できる洞察力や問題解決能力を備えた人を育てます。

求める学生像(アドミッション・ポリシー)

  • 【知識・技能】英米文化、日本文化、東アジア文化のいずれかに強い関心を持ち、基礎的な知識・技能をバランスよく身につけている人
  • 【思考力・判断力・表現力】基礎的な学力を身につけた上で、世界のさまざまな文化を複数の視点から相対的に捉えようとする意志を持ち、そうした自身の考えを適切に表現できる能力を身につけている人 
  • 【主体性・協働性】基礎的な学力を基盤として、主体的に考察を深め、相互に協力して学修を進めていこうとする意欲を持っている人

人材育成目標

自国の文化についての知識と敬愛の心を持ち、他国の文化、特に英米や東アジアの文化に対する理解を深め、人々の幸福と世界の平和のために行動する人材を育成します。

学科の特色

体系性と一貫性のある教育プログラムの提供

主専攻プログラム

たしかな能力・思考力を育成するため、英米文化、日本文化、東アジア文化を様々な視点から深く探求する3つの主専攻プログラムを設けています。学生は、この中のいずれかを必ず選択し、体系的な学修を進めます。

副専攻プログラム

広い視野と柔軟な発想力を育成するため、地域や領域を横断的に学修する副専攻プログラム「人間理解・国際理解」「比較文化」「比較言語」を設けています。学生は、主専攻プログラムに軸足を置きつつ、幅広い学修を実現できます。

充実した外国語学修

英語、中国語、韓国・朝鮮語の中から第一外国語(8単位)を選びます。これにドイツ語、フランス語を加えた5つの言語(留学生は全学共通教育科目の日本語も選択できます)から第二外国語(4単位)を選びます。英語、中国語、韓国・朝鮮語については、4年間を通して実践的運用能力を養成します。

あわせて、海外の協定校での短期研修や長期留学による異文化体験もできます。また、協定校で取得した単位を卒業単位に組み入れることもできます。

取得できる資格等

国語・英語(中学・高校)、社会(中学)、地歴・公民(高校)の教員免許、学芸員の資格が取得できます。また、日本語教員の養成課程も設けられています。

少人数制による多彩な授業展開

少人数の双方向型授業を多く展開しています。フィールドワークやアクティブラーニングを取り入れた多彩な授業により、学生の能動的な学修姿勢を引き出しています。

英語劇の様子   「英米社会文化論演習」で英語劇

写真展   「人文地理学」で「広島の魅力」写真展

学芸員    博物館実習で図書館展示

各種お知らせ


このページのトップへ