ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部

生命環境学部

庄原キャンパスツイッターツイッターアイコンはこちら 

学科

 生命科学科は,生命現象,遺伝子,たんぱく質について学ぶ「応用」や,人体機能,またバイオテクノロジーと関連が深い「食」について,主に学びます。 環境科学科は,環境分析や環境保全,環境修復技術等を主に学ぶものです。
 両学科は人間生活の向上,持続可能な社会の構築等において,密接に関連するものであり,双方連携しながら幅広い視野を持った人材の育成に力を入れています。

生命科学科生命科学科

生命体の神秘を解き明かし,バイオテクノロジーの可能性を広げる。


環境課学科環境科学科

自然を愛し,人を愛し,環境共生のテクノロジーを発見する。


フィールド科学教育研究センターフィールド科学教育研究センター

食料・環境に関連する地域に根ざした高度な研究と多様な地域課題解決に貢献する人材を育成する知的拠点


学部長あいさつ

生存基盤を支える専門知識や技術を学び豊かで持続可能な社会の創出に貢献できる人材を育成します。

西村学部長

生命環境学部 学部長 西村 和之

 県立広島大学生命環境学部は,広島県北部唯一の4年制大学として,豊かな自然に囲まれた環境の中で,地域を学びのフィールドとし,私たちの生存基盤である環境を保全し生活を支える「農」、「食」や「健康」に係る諸問題の解決に貢献する研究を通して複合的な視野を持つ技術者や研究者を社会に輩出してきました。

 一方我が国では,急速に少子化,高齢化が進み,地方の活力が失われつつあり,大学には,知の拠点として,地域が抱える課題の解決に積極的に取り組み,地域社会と協働して地方創生を担う人材の育成が求められています。また、AIIoTの普及を初めとする社会の在り方の急速な変化は,大学に対して,これまで以上に時代に合った人材の育成が求められています。このような社会の変化や社会の要請に応えるため,県立広島大学では,「地域に根ざした,県民から信頼される県立広島大学」であり続けるために学部・学科等の再編を進めています。

 生命環境学部においては,豊かな自然に囲まれた環境を最大限活かし,生命科学と環境科学との融合を高め,「ヒトの生存」にかかわる分野の専門知識や技術を用いて地域社会の課題を解決できる能力や技能を習得し,社会の活性化や良好な生存環境の保全を通して持続可能な社会の構築に役立つ人材の育成を目指すこととしています。また,ICTIoTを活用した新たな農(食料生産と食品加工・6次産業化)の在り方や食の安全と人を含めた地域資源の持続性に関わる課題を自ら見つけ,専門性を活かして解決できる能力を育成することを目指しています。

 私たちは農と食や生命科学と環境科学を密接に関連付けた「持続可能な社会の創出」に貢献できる人材を育成します。

 恵まれた自然環境の中にある本学部で,食料生産,生命科学や環境科学を通して地域社会が抱える課題の解決策を主体的に探索しようとする皆さんの入学をお待ちしています。

            


このページのトップへ