ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部

生命環境学部

学科

 生命科学科は,生命現象,遺伝子,たんぱく質について学ぶ「応用」や,人体機能,またバイオテクノロジーと関連が深い「食」について,主に学びます。
 
環境科学科は,環境分析や環境保全,環境修復技術等を主に学ぶものです。
 両学科は人間生活の向上,持続可能な社会の構築等において,密接に関連するものであり,双方連携しながら幅広い視野を持った人材の育成に力を入れています。

生命科学科生命科学科

生命体の神秘を解き明かし,バイオテクノロジーの可能性を広げる。


環境課学科環境科学科

自然を愛し,人を愛し,環境共生のテクノロジーを発見する。

学部長あいさつ

「人と自然にやさしい科学」を志向する人材を育成します。

生命環境学部 奥先生

生命環境学部 学部長 奥  尚

 生命環境学部は,生命科学科と環境科学科の2学科で構成されています。

 生命科学科では,最新のバイオテクノロジーを駆使して生命現象を分子・細胞・個体レベルで解き明かす「応用生命科学」コースと,食の機能性・安全性・流通などを学ぶ「食品資源科学」コースの2つのコースを設け,2年次よりコース選択するカリキュラムを配置しています。

 環境科学科では,最新の理化学分析や,環境浄化・修復・保全に関わる技術や環境調査手法などを学ぶカリキュラムを配置しています。

 そして,生命科学と環境科学を密接に関連付けて教育することで,「人と自然にやさしい科学」を志向する人材を育成します。今まさに国内ならびに国際社会は,このような能力を備えた人材を強く求めています。

 医療・環境・食料に関心をもち,常に問題の所在を考え,その解決策を主体的に探索しようとする皆さん。恵まれた自然環境の中にある本学部で青春を謳歌してみませんか。教職員一同,皆さんの入学をお待ちしています。

 

 

概念図      取得可能な資格・免許等

このページのトップへ