ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境科学科

環境科学科

環境科学科の特徴

自然を愛し、人を愛し、 環境共生のテクノロジーを発見する。

環境写真
 人間の活動は,時に環境との間に軋轢を生むこともあります。この人間と環境との間に生じた問題を考えるためには,過去から現在までの知見を基に,科学的な観点で俯瞰的,客観的に判断することが極めて重要です。環境科学とは,科学,物理,生物をはじめとし,数学や社会科学等の分野も含む,さまざまな学問を分野横断的にとらえ,人間と環境との間の問題を考える“科学”です。これらを踏まえ,環境科学の視点から,地域のみならず地球規模までの環境にかかわる多様な課題に取り組み,明るい未来の創造に貢献できる人材を育成します。

  

生命科学科との違い

 生命科学科は、生命現象、遺伝子、たんぱく質について学ぶ「応用」や、人体機能、またバイオテクノロジーと関連が深い「食」について、主に学びます。環境科学科は、環境分析や環境保全、環境修復技術等を主に学ぶものです。
 両者は人間生活の向上、持続可能な社会の構築等において、密接に関連するものであり、双方連携しながら幅広い視野を持った人材の育成に力を入れています。→生命環境学部の特徴はこちら

求める学生像(アドミッション・ポリシー)

・ 広く環境に興味をもち,自ら学ぶ意思と知識を得るための積極性を有している人
・ 科学を学ぶ者としての倫理観を理解し,自らを律しようとする人
・ 分野横断的に環境科学にかかわる知識を深く学ぼうとする人
・ 学んだ知識をもとに俯瞰的に課題の本質をとらえ,明るい未来の創造に貢献しようとする人
・ 大学院に進学し,高度な能力と技術を身につけようとする人

人材育成目標

 地域および国際社会が直面する環境にかかわる多様な課題を的確にとらえられるように,環境科学の知識を分野横断的に修得します。それらを基に,環境と真摯に向かい合い,総合的な観点で,課題の解決はもちろんのこと,未然防止や新たな問題への対応も可能な人材を育成します。 

学科の特色

幅の広い教育(学際的な技術者教育)

 環境科学科では、理化学分析、生物学的な環境調査手法や理工学的な環境保全技術に関する技術者の育成を行うと共に、望ましい社会システムのあり方を議論できるような人材の育成を目指し、学際的な技術者教育を行っています。

充実した実験・実習科目

 環境科学科では、実践的な技術者の育成を目指し、多様な講義科目を提供すると共に分析化学や環境保全技術に関する実験・実習と社会科学的アプローチ等を修得するための演習を配置し、経済活動と持続性の課題解決を含め、理工学と社会科学の実践的な知識の修得が図れるカリキュラムを提供しています。

2年間の卒業論文の取組み

 卒業論文は、背景や問題点の整理、実験や調査等の具体的な計画・実施、結果の考察等を通じて、問題解決能力、知的生産能力を高度に養成することを目的とした学部4年間の集大成です。本学科では、3~4年次の2年間にかけて卒業論文に取り組んでいます。
 3年次から取り組むことによって、実験・分析等の研究活動にじっくり取り組めるだけではなく、研究活動を通して得られる様々な能力をより多く吸収できるメリットがあります。
 また、4年次の卒論発表会だけではなく、3年次には中間発表会などの関門も設けており、学科全体で議論する場も複数も設けています。

環境写真

環境写真

環境写真

環境科学科

環境科学科

教育・研究について

カリキュラム  

 学科の専門科目には、有機化学、生物地球科学、環境・無機分析化学、有機分析科学、環境衛生学、衛生微生物学、放射線計測学、物理化学、水環境管理工学、環境政策学、環境マネジメント学、環境科学概論、環境システム学があります。また、関連する実験・演習もあります。詳しくは、以下をご覧ください。

  環境科学科カリキュラム |県立広島大学大学案内(35、36ページに掲載しています)

教員の研究分野

 環境科学科には16名の教員が所属しています。理化学分析、生物学的な環境調査手法や理工学的な環境保全に関する技術者の育成を行うと共に、望ましい社会システムのあり方を議論できるような人材の育成を目指し、学際的な技術者教育を行うとともに、語学などの共通教育を担当する教員も所属し、充実した教育を行っています。

分類研究室(専門分野)名専門分野具体内容
専門教育大竹(光エネルギー変換)研究室電気化学、機能材料設計次世代型超高効率太陽電池、光機能材料創製、新エネルギー材料設計
加藤(放射線環境学)研究室放射線環境科学、物理学環境放射線測定、環境放射能分析、医療用放射線量測定
西村(環境衛生工学)研究室環境衛生工学有機性廃棄物処理、生活廃水処理、資源回収、安全性評価、水環境保全
原田(生物化学工学)研究室環境化学工学、土木工学相談実績、浄水分野(膜目づまり・高度浄水システム選定)、下水分野(リン回収・余剰汚泥削減・脱臭・脱硫)、産業廃水分野(脱色・メタン発酵)、水環境(球磨川環境を守る会・雨水地下浸透)廃棄物分野(副生成塩の有効利用)など
三苫(環境リスク制御学)研究室 有機化学、環境保全化学、環境分析化学(1)残留性有機汚染物質(POPs)、揮発性有機化合物(VOC)、各種残留農薬、あるいは重金属などによる汚染物の分析及び無害化に関する技術相談
(2)バイオマス資源や廃棄物の有用資源化に関する技術相談
青柳(循環炭素資源利用化学)研究室植物資源利用学、高分子化学、光化学、有機化学(1)植物構成高分子物質群の分離資源化と分析
(2)酸化物半導体を用いた有機合成と分析、環境浄化
(3)光励起・緩和過程の解析と活用
(4)循環型資源・材料と、それらの扱いを通じて循環型社会の構築に貢献すること
小林(環境システム学)研究室環境システム、環境マネジメント、ライフサイクルアセスメント(LCA)(1)CO2排出量削減、省資源・リサイクルなどの環境負荷削減策の提案(建築物、住生活、木材、廃棄物など)
(2)これらに関する評価手法についての研究
(3)評価用データベース(原単位)の構築に関する研究
崎田(廃棄物工学)研究室 環境工学、廃棄物工学廃棄物処理・処分、リサイクル、環境影響評価、廃棄物関連分析(性状、重金属等)
内藤(水圏環境化学)研究室 分析化学、環境化学、微細藻類学植物プランクトンの鉄取り込み機構の解明、赤潮発生メカニズムの解明、水域の微細藻類と微量金属元素の動態把握
西本(無機分析化学)研究室分析化学、無機化学、溶液化学有明海における赤潮発生メカニズムの解明、有明海の底泥中における硫黄や金属の状態分析、高極性溶媒を用いた溶媒抽出
橋本(水質衛生学)研究室水質衛生学、環境衛生工学、微生物学水の糞便汚染指標、浄水処理および消毒、原虫、水からの分子生物学手法による微生物検出
有馬(応用微生物学)研究室応用微生物学、菌類形態形成学カビ・キノコ・酵母、環境応答・適応、微生物生理、微生物利用、微生物生態
松本(水圏生体機能学)研究室自然毒生理学、分析化学、水産化学、薬物動態学フグの毒化機構、生物における毒の存在形態とその意義、自然毒の薬物動態解析、自然毒の機器分析、食の安全・安心
共通教育片山(第二言語習得論)研究室第二言語習得、音声学、心理言語学プロソディ及び音節の音声言語処理、第二言語における音声知覚の発達研究
楠堀(スポーツ科学)研究室スポーツ科学、スポーツ・バイオメカニクス、運動制御スポーツ動作、3 次元分析、ゲーム分析、視覚手がかり、予測とパフォーマンス、ソフトテニス、テニス
藤井(教育社会学)研究室教育学、教育社会学学力、学級・学校規模、教育政策

 

就職について

卒業後の進路

 キャンパスごとにキャリアセンターが設置され、就職ガイダンスや就職セミナーを開催しています。庄原キャンパスには1名の専任教員が配置されています。

  進路目標 | 就職実績

取得できる資格

 環境科学科で取得できる資格には、中学校教諭1種免許(理科)、高等学校教諭1種免許(理科)、食品衛生管理者、食品衛生監視員があります。
 また、これ以外に、公害防止管理者、環境計量士など環境関連で有用な資格を受験するための自主講座を開いています。

 →詳しくは、取得できる資格・免許のページをご覧ください。

学生生活について

学生生活

 本学では、学生が安心して登校し、勉学に励むことができるよう、学生生活についての個別指導・助言を行うため、チューター制度をとっています。また学生同士のサポート活動としてピアサポートがあります。このほか学生生活については以下のサイトをご覧ください。

庄原キャンパス

 庄原キャンパスは山の頂にあり、自然に囲まれています。近くには備北丘陵公園があります。大学の周りに飲食店等はありませんが、大学内には学食や売店があります。
 庄原市中心部にはスーパー、コンビニ、家電量販店、ホームセンター、金融機関等々があります。庄原市中心部へはスクールバスが運行されています。
 また、徒歩3分の場所に学生寮があります。このほか、アルバイトについては、教学課窓口でアルバイト紹介を行っています。

入試情報について

各種お知らせ


このページのトップへ