ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【環境科学科】 研究室配属に関する取組(一次希望調査結果の開示)

【環境科学科】 研究室配属に関する取組(一次希望調査結果の開示)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月15日更新

研究室配属に向けた一次希望調査結果が開示

環境科学科では、3年・4年次の2年間、研究室に配属され、卒業論文に取り組みます。

次年度の配属研究室を選択するため、2年生は、
10月に行われた配属説明会以降、研究室訪問を行っています。12月末に第一次希配属先望調査が行われ、1月10日に集計結果の概要が公表されました。

12月末までの一次希望調査提出までに、研究室訪問は、学生自らが、各研究室の教員に連絡を取って日程調整を行ったうえ、
教員を訪問して、研究内容や研究室活動について話を聞くもので、最低5研究室訪問しました。

一次希望調査の結果を踏まえ、関心のある研究室について、2度目、3度目の訪問を行い、
研究室についてより深く活動内容を知り、配属を希望する研究室を最終決定します。

1月25日締め切りで、学生は希望調査票を提出し、これに基づいて配属先の決定が行われ、
2月前半から配属準備期間がスタートすることになります。



*境科学科の研究室配属については下記もご覧ください。

環境科学科

このページのトップへ