ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > フィールド科学教育研究センター

フィールド科学教育研究センター

フィールド科学教育研究センター

関連情報


フィールド施設写真 生命環境学部附属フィールド科学教育研究センターは,中山間地域の資源や環境を活用して,食料・環境に関わる多様な現代的問題の解決に貢献する人材を育成するための施設です。また,食料・環境に関連する地域活動の知的拠点として,資源開発・環境保全・化学分析など地域に根ざした高度な研究活動を支えるための施設でもあります。研究圃場,水田,果樹園,温室,環境工学実験棟,食品加工場などが整備されています。

 地域連携や体験学習を主体としたフィールド科学教育を基に生命科学と環境科学の連携による,地球に貢献できる人材の育成を目指します。

センター長あいさつ

福永センター長フィールド科学教育研究センター長 福永 健二 

庄原キャンパスが位置する中国山地の中山間地域には,豊かな自然や暮らしの知恵が満ちています。その一方,過疎化の問題や,農林業などの産業に関する多くの課題もまた抱えています。本学部では,文部科学省の教育プログラムに平成20~22年度に採択され,このような立地をいかした教育に取り組んできました。
さらに,教育プログラム終了後に,フィールド科学教育を立ち上げました。グローカルな視点で考えることのできる総合力ある理系人材育成を目標にした教育は本キャンパスでしか受けることができない特色ある教育であろうと思っています。

 また,本センターは,基礎的な研究に加えて,6次産業や環境問題などに対して「知(地)の拠点」として地域に貢献することも目標にしています。これまでも地域連携により多くの製品が研究開発されており,地域からの情報発信や産業創出の芽が生まれてくることも期待されます。

 本センターは他大学の附属農場に比べると人員や面積,設備はかなり小規模ではありますが,キャンパス内に設置されており講義室や研究室に近く,また,地域に密着しているというメリットもあります。私たちは,地域資源を活かしながらこのセンターを通じて人材育成,研究活動を行いたいと思っております。どうぞ,よろしくお願いいたします。

フィールド施設写真フィールド施設写真フィールド施設写真フィールド施設写真

フィールド施設写真フィールド施設写真

各種お知らせ


このページのトップへ