ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > フィールド科学教育研究センター

フィールド科学教育研究センター

フィールド科学教育研究センター

関連情報


フィールド施設写真 生命環境学部附属フィールド科学教育研究センターは,中山間地域の資源や環境を活用して,食料・環境に関わる多様な現代的問題の解決に貢献する人材を育成するための施設です。また,食料・環境に関連する地域活動の知的拠点として,資源開発・環境保全・化学分析など地域に根ざした高度な研究活動を支えるための施設でもあります。研究圃場,水田,果樹園,温室,環境工学実験棟,食品加工場などが整備されています。

 地域連携や体験学習を主体としたフィールド科学教育を基に生命科学と環境科学の連携による,地球に貢献できる人材の育成を目指します。

センター長あいさつ

入船センター長フィールド科学教育研究センター長 入船 浩平 

庄原キャンパスが位置する中山間地域には,中国山地の豊かな自然とくらしの知恵が満ちています。一方,過疎化の問題や,農林業など一次産業と食料生産・流通のあり方など多くの課題もまた抱えています。こうした課題に対し,本学部では,これまで教育GPプログラムやそれを契機につくられたフィールド科学教育を通してグローカルな視点で考えることのできる総合力ある理系人材育成プログラムの実践に取り組んできました。地域と大学が協同し,本センターのもつ機能を活かしながら地域の特性や実情に沿って学生の教育にあたることは学生の人格陶冶,人生の基盤形成にとり有意義であるに違いありません。本キャンパスでしか受けることができない特色ある教育であろうと思っています。

 また,6次産業人材育成など新しい「食と農」に関わる産業創出や環境問題に配慮した新たなニーズに対応するため,食料・農業・環境に横断的に関係する研究開発から普及・産業化までの地域支援態勢を整えたこのセンターの役割は,「知(地)の拠点」として地域にとってもまた期待値の高いものだといえます。これまでも地域連携により多くの製品が研究開発されており,このような連携が本センターを介していっそう強化され,地域からの情報発信や産業創出の芽が生まれてくることを願っています。

 本センターは他大学の附属農場に比べると人員や面積,設備はかなり小規模ではありますが,キャンパス内に設置されており講義室や研究室に近く,学生が身近に感じられる距離にあることや,小ささ故に機動的で地域密着型となっているメリットもあります。なにより,私たちは,この素晴らしい地域資源を活かしながらこのセンターを通じて人材育成、研究活動を行いたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

これまでのニュース・企画

2015年1月27日 備北バイオフォーラムにてフィールド科学卒論研究8題を発表しました。 
2014年10月31日 庄原の小学生がフィールド科学センターを見学 学生による土壌微生物の紙芝居も実施 
2014年9月12日 中四国大学農場連携の食品資源フィールド科学演習を3泊4日で実施 19名参加 他大学からは13名
2014年04月8日 今年度のフィールド科学実習(a班)がスタート 47名 b班は42名。
2014年1月28日 備北バイオフォーラムでフィールド科学卒論8題の発表を行いました。
2013年9月16日 中四国大学農場連携の食品資源フィールド科学演習を3泊4日で実施 36名参加 他大学からは17名 
2013年04月16日 今年度のフィールド科学実習(a班)がスタート 51名 b班は47名 
2013年04月11日 桜の開花終了後の突然の低温・積雪で一部作物に凍害発生
2013年03月26日 醸造用のブドウを定植しました。
2013年01月29日 備北バイオフォーラムでトマト栽培や加工に関する研究紹介とフィールド科学卒論4題の発表を行いました。  
2012年09月13日 庄原市立川北小学校がら見学に来られました。
2012年08月31日 庄原市委託事業でトマト加工品評会を実施しました。
2012年06月18日 職場体験として庄原中学校の生徒2名を1週間受け入れました。
2012年05月09日 デュアル研修で庄原実業高校から7月19日迄の水曜日に数名ずつ受け入れました。
2012年01月27日 備北バイオフォーラムでフィールド科学卒論の発表を行いました。
2011年06月17日 センターの開所式が実施されました。
2011年04月01日 センター開設

フィールド施設写真フィールド施設写真フィールド施設写真フィールド施設写真

フィールド施設写真フィールド施設写真

各種お知らせ


このページのトップへ