ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【2019年度フィールド科学実習】(5) 広島県総研・畜産技術C見学,果菜管理と収穫、ブドウ袋かけ等

【2019年度フィールド科学実習】(5) 広島県総研・畜産技術C見学,果菜管理と収穫、ブドウ袋かけ等

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月25日更新

フィールド科学実習第5回。広島県総研・畜産技術C見学。果菜の収穫、ブドウの袋かけ等を実施。

6月18日(a班)と6月25日(b班)に今年度第5回目のフィールド科学実習を行いました。梅雨の真っ只中と思いきやどちらも晴れ。まず、隣の広島県総合技術研究所 畜産技術センターまで歩いて行き,選抜雄牛の精液採取とその精子の顕微鏡観察,搾乳ロボットの有効性についていろいろ話を聞きました(山下准教授・動物生殖学の引率)。その後は,ブドウの房の確認、摘粒と袋かけ,果菜類の管理と収穫を行いました。キュウリ、ピーマンはたくさんなっています。

広島県総研・畜産技術センターの見学の復習

畜産技術センターの見学復習(6月18日a班)

ブドウ・ピオーネの摘粒と袋かけ

ピオーネ摘粒
ブドウ・ピオーネの袋かけ(6月25日b班)

メロンはわき芽の処理位でした。

メロンの管理
メロンわき芽とり 

果菜類はどんどん生長し、キュウリとピーマンは全員に、ナスも収穫が始まっています。

キュウリ収穫
ナス管理

このページのトップへ