ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【2017年度フィールド科学実習】(10) 林業技術センター見学

【2017年度フィールド科学実習】(10) 林業技術センター見学

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月19日更新

フィールド科学実習の第10回目として「広島県総合技術研究所 林業技術センター」で学外実習を行いました。

 10月10日(a班)と10月17日(b班)にフィールド科学実習の学外実習として「広島県総合技術研究所 林業技術センター」(三次市)を訪問しました。広島県の面積の約7割を中山間地域が占めており,かつては木材や薪炭など森林は多様な利用がなされていました。広島県の森林の特徴と林業に関する新しい技術について,「林業技術センター」センター長 東敏生さんと主任研究員 斎藤一郎さんにお話を伺いました。

広島県の森林・林業について講義を受けました。(広島県三次庁舎 林業技術センター)

道広島県の森林・林業について講義を受けました。(広島県三次庁舎 林業技術センター)

林業技術センター三次高平施設に移動し,木材実験棟で行われている実験の内容の説明を受け,施設内を見学しました。

木材実験棟

木橋が崩落するまでの過程のモニターも行われています。

木橋崩落モニター

苗畑の見学です。

苗畑

林業の現場でチェーンソーを使う場合の注意事項について,説明を受けました。

チェーンソーの使用説明
 その他、昨年同様に樹木園・展示林での観察も行いました。

このページのトップへ