ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【2019年度フィールド科学実習】(9) 後期実習は稲刈りからスタート

【2019年度フィールド科学実習】(9) 後期実習は稲刈りからスタート

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

2019年度後期のフィールド科学実習スタート 稲刈り、果実収穫とハーブ苗の挿し木等

 2019年度後期のフィールド科学実習が9月24日にスタートしました。a班、b班とも今年は田んぼがよく乾いた状態で、長靴で作業でき、生育調査や稲刈りもほぼ快適にできました。その後は、ハーブ苗の挿し木繁殖や果樹の梨 豊水と新高、ブドウのベリーAの収穫作業を行いました。b班の日程では15時過ぎから急に天候が悪化しましたが、何とか終了し、細かい説明は教室内で補足しました。挿し木では発根の不思議を体感してもらいたいです。なお、今年の梨は特別に大きく、新高では1kg超えも多く、学生たちも驚いてました。

水稲中生新千本の稲刈り 田んぼはよく乾き、暑いけど比較的快適

稲刈り 生育調査 a班
稲刈実習 b班
稲刈り b班 はぜぼし

カーネーション、ローズマリー等のハーブ苗の挿し木繁殖 根の出てくる不思議。

ハーブ類の挿し木 材料採取
ハーブ苗の挿し木
ハーブ苗移植

梨は豊水と新高の収穫 新高は1kg越えもたくさん。ブドウはベリーAの収穫

梨の収穫
ブドウの収穫 ベリーA

ブドウ5品種の食べ比べ 品種は何かな? 基と先どちらが甘い?

ブドウ6種

このページのトップへ