ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > フィールド科学実習の2016年前期日程が終了しました

フィールド科学実習の2016年前期日程が終了しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月27日更新

フィールド科学実習の2016年前期日程が終了

7月26日にa班は道の駅ゆめらんど布野(三次市・国道54号線)を見学させていただきました。新しい道路(尾道・松江線)ができることを予測して、目的を持って来てもらえる道の駅運営について、代表取締役の方から貴重なお話を伺いました。6次産業化に関心の高い学生も多く、質問もたくさん出ました。講義の後はかわいいアイガモたちを見たり、野菜直売所で自慢のジェラードをいただき、学生たちも大喜びでした。また、b班はメロンの収量・品質調査とメロンアイス加工を行いました。メロンを半分まるごといただいたり、メロンアイスクリーム作りもレアな体験でこちらも大喜びでした。最後には果樹の生育状況をみた後、野菜の収穫を終え、笑顔で前期日程を終了しました。後期は稲刈りと果樹のブドウ、ナシの収穫から始まります。
道の駅運営の実際について代表の方から講義を受けました。6次産業について関心を持つ学生も多く、積極的な質問も多く出ました。
かわいいアイガモさんたちを見学
野菜直売所を見学。 暑い中 ジェラードが絶品で、学生たちも大喜びでした。
メロンの収量品質調査の後はまるごとメロンをいただきました。
メロン加工はアイスクリーム作り。これもおいしい!
野菜の収穫 真っ赤なトマトもたくさん!
ナスやピーマン、キュウリも最盛期です。実習後はオープンキャンパスに来客された皆さんへの売店食堂・無料昼食等に使用します。

このページのトップへ