ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が乳幼児の保護者に食育ミニ講座を行いました

健康科学科の学生が乳幼児の保護者に食育ミニ講座を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月6日更新

健康科学科の3年生23名,4年生3名の食育応援団が64日から717日にかけて計6回,南区役所別館「キッズひろばみなみ」で,乳幼児の保護者に食育ミニ講座を行いました。

テーマは「ゆっくりよく噛んで食べよう」,「骨を強くしよう」,「おやつの食べ方」でした。保護者の皆さまからは「親子で楽しく食べるよう心がけたい」,「カルシウムの多い食品を少しずつ取り入れたい」,「おやつの量が多いことに気付いた」などの声が聞かれました。学生からは「子どもたちとふれあえ,子どもの様子がよくわかった」,「保護者の方から子育ての楽しさを伺うことができた」,「さらに良い講座にするためにもっと勉強したい」などの声がありました。

かわいい乳幼児と熱心に聴いてくださる保護者の皆さま,温かく見守ってくださいますスタッフの皆さまのおかげで貴重な経験を積むことができました。ありがとうございました。

食育ミニ講座の様子

(保護者の皆さまの許可を得て撮影しました。)


このページのトップへ