ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生がレシピコンテストで優秀賞をいただきました

健康科学科の学生がレシピコンテストで優秀賞をいただきました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日更新

2回「塩分少しでおいしい食事」レシピコンテスト表彰式が219日に広島市佐伯区役所別館で行われ,健康科学科3年生 橋本若菜さんが表彰されました。

考案した「ミルク茶わん蒸し」は,応募作品163点の中から選ばれ,優秀賞をいただきました。表彰された橋本さんは「茶碗蒸しが好きなので塩分を控えたミルク茶碗蒸しを考えました。卵と出し汁と牛乳の配合を何度も試してレシピをつくりました。牛乳のコクで少ない塩分でおいしくいただけます。具材を変えると赤ちゃんの離乳食から高齢者の飲み込みが低下した方まで幅広い年代で食べられます。また,カルシウム豊富な牛乳が入っていますので,成長期のお子様,骨粗鬆症の気になる方にもお勧めです。レシピは4月以降に2万部発行され,広島市佐伯区役所のホームページに掲載される予定です。ぜひ,つくってみてください。」と話しています。

茶わん蒸し  表彰式


このページのトップへ