ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】世界遺産登録20周年記念シンポジウム「厳島神社,その魅力と課題」開催(中国新聞)

【メディア掲載】世界遺産登録20周年記念シンポジウム「厳島神社,その魅力と課題」開催(中国新聞)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月7日更新

平成28年2月16日(火曜日)/2月19日(金曜日) 中国新聞 掲載

人間文化学部 国際文化学科 教授 秋山伸隆

3月6日午後2時から廿日市市宮島町の主催で開催される,厳島神社の世界遺産登録20周年を記念したシンポジウム「厳島神社,その魅力と課題」に関する記事が掲載されました。

本学宮島学センターの秋山 伸隆 センター長(人間文化学部 国際文化学科 教授)が基調講演を行い,宮島の歴史を解説します。

 

平成28年3月 7日(月曜日)中国新聞 掲載 

シンポジウム当日の様子が掲載されました。

登壇した本学の秋山教授は,平清盛や毛利元就たち,歴史上の人物4人と神社の関係を伝え,「歴史を知れば神社をもっと好きになる。歴史を伝えることが観光振興になる」と強調しました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
・ 秋山伸隆の研究者紹介


このページのトップへ