ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】 安芸高田市における放置竹林防除の実証展示試験を開始します

【生命科学科】 安芸高田市における放置竹林防除の実証展示試験を開始します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月25日更新

 令和元年10月1日(火曜日)に県立広島大学生命環境学部生命科学科(荻田教授)が中心となり、(公財)安芸高田市地域振興事業団及び住化エンバイロメンタルサイエンス株式会社が協力して、放置竹林の地下茎を農薬で処理する新手法による全国初の実証展示試験を開始します。
 詳細は以下の通りです。

 放置竹林問題の有力な解決策としての「農薬を利用した新手法の実証」広島県・安芸高田市における実証展示試験開始について [PDFファイル/170KB]

 ✔生命科学科 荻田教授の研究内容紹介

現場の直近の整備状況写真

 実証展示試験現場の直近の様子(広島県安芸高田市美土里町横田)


このページのトップへ