ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】山本准教授の論文が国際誌に掲載されました。

【生命科学科】山本准教授の論文が国際誌に掲載されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月15日更新
山本准教授の論文が国際誌Food and Nutrition Sciences に掲載されました。 

論文情報は以下の通りです。

Yukihiro Yamamoto, Masato Kono

Physiological Functions of 70% Ethanol Extracts of 6 Edible Flowers in Vitro: A Comparative Study

Food and Nutrition Sciences. 2018, 9, 314-324.

要旨

 食用花弁は食品に色味を添えるため、しばしば利用されます。日本では食用菊が有名です。一方、一部の食用花弁には抗がん作用や抗アレルギー作用といった生理作用が報告されています。本研究では、色味の異なる6種類の食用花弁を用意し、これらの70%エタノール抽出物における生活習慣病予防効果について、in vitro(動物やヒトが関与しない実験)で評価しました。

山本ら図

このページのトップへ