ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】生命科学科たべもの発見!!#3  お米(米ぬか)の成分を油の品質向上に!

【生命科学科】生命科学科たべもの発見!!#3  お米(米ぬか)の成分を油の品質向上に!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月25日更新

  お米は日本の重要な農産物ですが,ここ庄原でも生産が盛んです。お米の精製過程で得られる米ぬかの中には,γ-オリザノール*と呼ばれる機能性物質が含まれており,山本幸弘准教授はこれを油の品質向上に利用できないかと考えています。 

 市販の油の中には,油の酸化劣化を防止するためにビタミンEが含まれています。γ-オリザノールにも酸化防止作用があり,現在のところ,特に光に晒されるような環境では,γ-オリザノールはビタミンEに替わる酸化防止剤として期待できる研究結果が得られています。

写真は酸化試験の様子。水と油を界面活性剤とともに混ぜると写真のように白濁した溶液(乳液)となります。マヨネーズやドレッシングなどに含まれる油も,このように水に分散した形態で存在しています。

γ‐オリザノール
たべもの発見3

このページのトップへ