ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が「ひろしまがいっぱい!トマト鍋」の試食フェアに参加!

健康科学科の学生が「ひろしまがいっぱい!トマト鍋」の試食フェアに参加!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月22日更新

 広島市の「20代のための食育プロジェクト」に参加している健康科学科の学生が,JA全農ひろしま,カゴメ株式会社中国支店と共同開発した「ひろしまがいっぱい!トマト鍋」の試食フェアに参加しました。

 その様子を学生からレポートしてもらいました!

  私たちは,1019日(日)「ひろしま食育の日」に安佐南区の農畜産物直売所(JA交流ひろば「とれたて元気市」)で「ひろしまがいっぱい!トマト鍋」の試食フェアを行いました。

 実際に私たちが調理し,約200人の方に食べていただきました。今回は健康科学科の3年生2名も,調理を手伝ってくれました。どれくらい人が来てくださるのか不安でしたが,とても多くの方に来ていただき,「おいしい」と言ってもらえて嬉しかったです。

 トマト鍋のレシピをお渡しする際には,「トマト鍋についてのニュースを見ましたよ」と声をかけてくださる方もいて,私たちの活動を少しずつ知ってもらえていることが実感できました。この試食フェアをきっかけに,より多くの人に家庭でも広島県産野菜をたっぷり使ったトマト鍋を作ってほしいと思います。

 これから,121月に向けてトマト鍋第二弾のレシピを開発していく予定です。その様子も随時更新していきますので,チェックしてみてください♪

活動の様子

○学生の過去の取組みの様子はこちら


このページのトップへ