ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】原田俊英 副学長・教授が第30回日本老年医学会中国地方会にて座長を務めました

【理学療法学科】原田俊英 副学長・教授が第30回日本老年医学会中国地方会にて座長を務めました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月28日更新

第30回日本老年医学会中国地方会 報告

平成30年11月17日(土曜日)広島コンベンションホール(広テレビル)において第30回日本老年医学会中国地方会(会長:広島大学大学院脳神経内科学・丸山博文教授)が開催されました。

本会において本学副学長・保健福祉学部理学療法学科教授の原田俊英先生が『炎症』のセッションで座長を務めました。
講演の様子1
高齢市中肺炎、リステリア脳炎、歯周炎とアルツハイマー病との関連性などについて活発な討議を進めました。

当日は医師・コメディカルの方々95名のご参加があり、皆さん熱心に聴講され大変盛会でした。
講演会の様子2

このページのトップへ