ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > シンポジウム「瀬戸の島々での海浜セラピーの実践」を開催しました

シンポジウム「瀬戸の島々での海浜セラピーの実践」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月12日更新

学長プロジェクト 海浜セラピーシンポジウム 開催報告

2月11日水曜日に三原キャンパス大講義室にて開催しました

平成26年度重点研究事業「学長プロジェクト」シンポジウム【瀬戸の島々での海浜セラピーの実践】は中村健一学長の挨拶にて始まりました。
中村健一学長の挨拶

海浜セラピーの概要説明,さぎしまを愛するボランティアガイドによる海浜セラピーガイドの実践,そして干潟の保全活動(岡田和樹先生)・瀬戸の島での花づくり(吉長成恭先生)・サイクリスト(岡本吉信先生)という多彩な内容でした。 


一般の方々を含む120名というたくさんの方に来場していただき高評のうちに終了いたしました。
来場者の方からもたくさんの意見をいただきましたので今後の参考にさせていただきたいと思います。
シンポジウムを通じてさぎ島の魅力を少しは伝えられたのではないかと思います。

皆さん一度さぎ島を訪れて海浜セラピーを体験してみてください。
終了後の集合写真

このページのトップへ