ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】生命科学科 広がる食品の可能性!!#5 庄原市産ワインのこころ b

【生命科学科】生命科学科 広がる食品の可能性!!#5 庄原市産ワインのこころ b

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月16日更新

  庄原キャンパスのある庄原市は,水と緑に恵まれた自然豊かな地域です。しかし,特産品が少なく,宿泊する観光客も多くないのが現状です。

 そこで,藤田景子助教は,庄原市で生産したブドウからワインを造ることを目標にして、地域振興を目指しています。

 ブドウは自然環境によって影響を受けやすい果樹のひとつです。そして,その影響はブドウからワインにしたときに「個性」となって表れます。しかし,ワイン用品種の中には,栽培環境が合わず病気に罹って枯死したり,手間がかかったり,色付きが悪かったりする品種もあります。現在,実験圃場で様々なワイン用品種を栽培して特性を調べ,庄原市を表現するワインとなる品種の選抜を進めています。 

たべもの発見5

このページのトップへ