ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庄原キャンパス > 【生命科学科】生命科学科 広がる食品の可能性!!#7 三原市産たこは変幻自在 b

【生命科学科】生命科学科 広がる食品の可能性!!#7 三原市産たこは変幻自在 b

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月23日更新

 三原市は,広島県内で最もたこの水揚げが多いところです。様々なたこを使った加工食品が販売されています。

新たなたこの加工食品の開発を目指し,吉野智之准教授は,有限会社蔵(三原市)と協働で,たこの成分分析や機能性評価を行いました。例えば,たこを特殊な方法で乾燥した乾燥品をマウスの餌に混ぜて,食べさせたところ、マウスの血中のコレステロールや中性脂肪,血糖値を下げることがわかりました。

このたこ乾燥品を利用して,三原市の食材と合わせて,様々なたこ加工食品が開発され,三原市内で販売されています。

 
たべもの発見7

このページのトップへ