ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【庄原キャンパス・生命環境学部】留学生宿舎の整備を行っています

【庄原キャンパス・生命環境学部】留学生宿舎の整備を行っています

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

 大学の国際化による留学生の生活支援・受け入れ態勢を強化する取り組みの一つとして,庄原キャンパスでは留学生宿舎の部屋の整備を順次行っています。

 写真は整備が完了した庄原市戸郷町にある長期滞在者向けの留学生宿舎です。間取りは4LDKとなっており,開放感があるお部屋です。このほか,庄原キャンパスの敷地内には短期滞在者向けの留学生宿舎も備えています。

 整備が完了した部屋は,海外の学術交流協定校からの留学生,外国人客員研究員等が利用しています。

 

ryuugakuseishukusya

          留学生宿舎外観

ryuugakuseishukusya

                和室

ryuugakuseishukusya

              和室2

ryuugakuseishukusya

                洋室


このページのトップへ