ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 小学生対象の「おやつ講座」に健康科学科の学生が参加しました

小学生対象の「おやつ講座」に健康科学科の学生が参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月8日更新
健康科学科の教員2名が,7月20日(土曜日)と27日(土曜日)の2回にわたり,広島市東区の二葉公民館で小学生対象の「おやつ講座」を開催しました。初回のメニューは「揚げずにつくろう!しっとり焼きドーナツ」,2回目は「やさいでつくろう!かんたんピザ」で,両日とも24名(1~6年生)の参加がありました。この講座には,健康科学科の学生(2年生2名、3年生5名、4年生1名)がアシスタントとして参加し,児童による実習を支援しました。
講座終了後のアンケートによると,「家でも作ってみたい」と回答した児童が9割以上を占め,楽しかったこととして,「お皿を洗ったこと,拭いたこと」,「みんなでがんばったこと」,「みんなでつくったこと」などが挙げられており,子供たちは「おやつ作り」の作業以外のところでも,それぞれ「楽しみ」を見出していました。
一方,アシスタントとして参加した学生からは,「学内の講義や実習で得た専門知識を生かすことができた」,「子供たちへの食育の機会となった」,「子供たちに分かりやすく説明することができた」などの声が聞かれ,学生自身の成長にもつながる貴重な機会になりました。
料理したことある人~?
ふるいにかけよう
もうすぐできるぞドーナツ
おいしくできたね!

このページのトップへ