ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科3年生が食生活改善推進員研修会で低栄養予防の話をしました

健康科学科3年生が食生活改善推進員研修会で低栄養予防の話をしました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月1日更新

健康科学科3年生5名による“たんぱくレンジャー”が,1月22日に広島県庁で行われた
平成27年度広島県食生活改善推進員研修会で低栄養予防について話をさせていただきました。
 話の後で行ったアンケート調査では次のような声がありました。
「レシピ集は缶詰や電子レンジで簡単につくれるので活用したい」
「一食一食をバランスよく食べる必要があることを再確認しました」
「肉や卵は控えていたがしっかり食べるようにしたい」
「高齢者の教室で“あいことば”を取り入れてみたい」
「楽しい寸劇でわかりやすかった」
「今までの研修会で学んできたことの復習の機会となった」
「地域の活動,特に高齢者のサロンで活かしたい」
「たんぱくレンジャーさん,今後もガンバルンジャー」
 また,さらによい話になるようアドバイスもいただきました。
 ご清聴くださいました食生活改善推進員のみなさま,ありがとうございました。

会の様子1 会の様子2

会の様子3


このページのトップへ