ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が開発したメニューの完成試食会を開催しました

健康科学科の学生が開発したメニューの完成試食会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月16日更新

広島市の「20代のための食育プロジェクト」に参加している健康科学科の学生が考案したメニューの完成試食会を開催しました。この様子を学生にレポートしてもらいました。

カゴメ株式会社中国支店と共同で開発したメニューの完成試食会を913日(火曜日)に行いました。

前回の打ち合わせで頂いた意見をふまえ,試行錯誤しながら改善しました。魚料理の『ごろっとじゃがいも★ぶりのトマトソースがけ』と肉料理の『和風トマじゃが』の2品が完成しました。

『ごろっとじゃがいも★ぶりのトマトソースがけ』は魚離れが進んでいる中,子どもからお年寄りまで幅広い年代の方に,魚をおいしく食べてもらえるようなレシピにしました。

『和風トマじゃが』は,ごぼうや大豆を加えることにより,一般的な肉じゃがに比べて,食物繊維が多くなっています。また,トマトソースを使うことにより,しょうゆの量を減らしているので減塩効果も期待できます。

今後,広島県内の学校給食や大学学生食堂等において,これらの料理を広く紹介していきたいと考えています。

 

ごろっとじゃがいも ぶりのトマトソースがけ 和風トマじゃが

  『ごろっとじゃがいも★ぶりのトマトソースがけ』             『和風トマじゃが』


このページのトップへ