ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 【健康科学科】学生が考案した料理を学生食堂で提供します

【健康科学科】学生が考案した料理を学生食堂で提供します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月20日更新
広島市の「20代のための食育プロジェクト」に参加している学生に活動の様子をレポートしてもらいました。

私たち公衆栄養学研究室では,野菜を意識して摂取することのできる学生を増やすことを目的に活動しています。この度,同窓会の支援をいただき,野菜を使った料理を学生食堂で提供させていただくことになりました。

今回の料理は「しょうがであったかツナ大根」です。分量や味付けなど納得がいくまで何度も試作しました。ツナのうまみにしょうがの風味がきいた大根はとてもおいしく,あっという間に食べ終わってしまう1品です。

当日は,レシピカードや野菜についての情報を載せたリーフレットも配布する予定です。
学生のみなさん,是非食堂へ足を運んでみてください。

【日程】
広島キャンパス 11月28日(火曜日)
庄原キャンパス 11月30日(木曜日)
三原キャンパス 12月1日 (金曜日)

盛りつけの様子  しょうがであったかツナ大根

      広島市食育推進計会議マスコット画像     食育プロジェクトイラスト


このページのトップへ