ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の4年生が地域保健臨地実習報告会を行いました

健康科学科の4年生が地域保健臨地実習報告会を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月14日更新

健康科学科4年生35名が保健所と保健センターで実習を行い,平成29年4月5日にその報告会を行いました。

報告会は実習生である4年生の運営により行われ,来年度以降に実習を行う2,3年生および教員が参加しました。
実習生はそれぞれの実習先での内容や課題,それらに関する評価や反省等を報告しました。

報告会の後には,ワールドカフェ方式を用いた総合討論を行いました。ワールドカフェとは,通常4-6人/テーブルのグループを作り,一つのテーマについて自由討論を行い,その後,異なるグループと再度討論を行う方式で,自分の意見を発信しやすく,相手との繋がりを意識でき,大多数の参加者の意見や知識を共有できるといった利点があると討論方式です。
ワールドカフェは,昨年度から始めた取り組みで,学生の間でもとても好評です。その後のアンケートでは,「実習に対するモチベーションが高まった」,「保健所と保健センターの違いがよく理解できた」,「授業をもっと頑張ろうと思う」など,ポジティブな意見が多く述べられていました。
報告会発表の様子
ワールドカフェの様子

このページのトップへ