ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【作業療法学科】公開講座「作業療法学入門」を開催しました

【作業療法学科】公開講座「作業療法学入門」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月9日更新

平成30年8月9日(木曜日),高大連携公開講座『作業療法学入門』を開催しました。

当初は7月30日に開催する予定でしたが,西日本豪雨の影響で日程が変更されました。その影響を受けて当日は16名の方が参加できなくなり,参加者は11名となりました。

講義の内容は,次の5つでした。

 1.作業科学

 2.作業療法の対象,目的,方法

 3.身体障害のある人への作業療法

 4.こどもと一緒に作業療法

 5.脳と心の障害に対する作業療法

参加されたみなさんは,熱心に講義を聞き,演習に取り組んでいました。これらの講義を通して,作業療法の基盤にある「作業」を研究する学問である作業科学について,身体障害,発達障害,精神障害のある人や健康な人々に対して,作業療法士がどんなことを実践するのかについて理解していただけたのではないでしょうか。また,実践の基礎にある運動学や解剖学を学ぶことの重要性についても理解していただけたのではないでしょうか。

今回参加してくださった皆さんが,作業療法に魅力を感じ,将来作業療法士になる道を進んでくださることを願っています。

公開講座の様子


このページのトップへ