ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】理学療法学科卒業生が学会発表にて奨励賞を受賞しました

【理学療法学科】理学療法学科卒業生が学会発表にて奨励賞を受賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月25日更新

【理学療法学科】理学療法学科卒業生が学会発表にて奨励賞を受賞しました

2018年6月16日,広島県理学療法士会定時総会が開催されました。
ここでは2017年12月3日に開催された第22回広島県理学療法士学会の表彰式が行われ,
本学理学療法学科卒業生の発表演題が奨励賞を受賞しました。
<奨励賞>
神山拓也君(平成28年3月卒業,マツダ病院)
発表演題「大腿四頭筋セッティングにおける電気刺激による筋の量的・質的効果 超音波画像診断装置を用いた即時的変化」
表彰1
神山君(写真右),療法士長の山崎重人先生(写真左)をはじめ,ご指導いただいたマツダ病院のスタッフの皆さま,この度は受賞おめでとうございます。
臨床業務の忙しいなか,研究に取り組むことは並大抵のことではないと思います。
今回の経験を活かして,今後も臨床業務や研究を継続して欲しいと思います。

このページのトップへ