ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 大学連携 > 大学連携特別講座(企業経営とイノベーション) > 【開講レポート】平成26年度「大学連携特別講座」(企業経営とイノベーション)5日目を開講しました
大学連携特別講座(企業とイノベーション)

【開講レポート】平成26年度「大学連携特別講座」(企業経営とイノベーション)5日目を開講しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月17日更新

講座5日目(11月15日:第9回,第10回)の様子を紹介します!

 平成26年11月15日(土)に,平成26年度「大学連携特別講座」(企業経営とイノベーション)5日目を開催しました。

 第9回,第10回は,特別講義として,「グローバル時代を生き抜くイノベーションを考える」をテーマに講義がありました。

 第9回は,ソウル市立大学 Pyo准教授の英語による講義です。本講義では,韓国における社会変化とイノベーションについて,まずは大枠の理解を助けるための歴史的な観点からの説明に始まり,様々な企業のイノベーション事例について,多くの動画や画像で紹介しながら講義がありました。

講義 講義 

講師

ソウル市立大学
 Min-Chan Pyo(表) 准教授

講義風景

講義に聞き入る受講生の様子

  第10回は,ソウル市立大学のLee教授の韓国語による講義で,本学の朴准教授の通訳がありました。第9回の講義を踏まえて,韓国における様々なイノベーションについて,その背景にある韓国経済,政治,文化を紹介し,現在の韓国の発展を支える企業の取組とその新規性・重要性についての説明がありました。

 講義講義 

講師

ソウル市立大学
Choonwoo Lee(李) 教授

講義風景

受講生からの質問に講師が答える場面もありました

受講者の声

 5日目の受講後のアンケートの中から,受講者の声を紹介します。

 第9回について,「これまでとは違うイノベーションへのアプローチの仕方だったので,興味深かった。」,「事例が多くの動画で紹介され,しかも英語による講義で,大変刺激的な授業だった。」,「直感的に伝わる講義でよかった。イノベーターはPracticeを繰り返すことで目的を叶えることもできるという言葉に勇気付けられた。」などの感想が寄せられました。

 また第10回について,「韓国における経営学の考え方,イノベーションに関する取り組みについて知り,益々グローバルな観点からイノベーションに興味を持った。」,「韓国がめざましい発展を遂げた理由を,韓国の講師から生の声を聞くことの出来る大変貴重な講義だと感じた。」,「笑顔が素敵な先生で,色々な企業を例に説明があり,とても楽しかった。」との感想がありました。

次は,11月22日(土)の様子を紹介する予定です。

 


このページのトップへ