ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]経営情報学科1年生がRastiを受験しました

[経営情報学科]経営情報学科1年生がRastiを受験しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月27日更新

経営情報学科1年生がRastiを受験しました

経営情報学科1年生48名が4月22日(水曜日)にRastiを受験しました。RastiとはRating & Assessment System for Total Ict-skillsの略で日本語では情報活用力診断テストと呼ばれています。情報活用力とは情報を収集し,分析し,整理保管し,分かりやすく表現するための能力のことを言います。このテストを本学部の就業力育成事業の一環として進めており,1年生と3年生で受験をします。このテストを行うことにより学生にとっては情報活用力についての習熟度を理解でき,教員にとっては授業改善に役立てることができます。
また,これまで身につけた数学基礎力の確認のための数学基礎力調査も実施しています。調査結果については,第2回以降の大学基礎セミナーでグループ別にフィードバックを行い,これから経営情報学科において履修する専門科目等で必要な数学基礎力の自己確認を行っています。
Rastiの説明風景
Rastiの説明風景
Rastiの受験風景
Rastiの受験風景

このページのトップへ