ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]学生が電気・情報関連学会中国支部連合大会で発表しました

[経営情報学科]学生が電気・情報関連学会中国支部連合大会で発表しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月3日更新

[経営情報学科]学生が電気・情報関連学会中国支部連合大会で発表しました

 2015年10月17日に山口大学宇部キャンパスで開催された平成27年度 (第66回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会で学生が研究発表をしました。 電気・情報関連学会中国支部連合大会は電気・情報に関連する4学会の中国支部が共催で開催する大会で,今回は以下の3名の学生が発表しました。

a) MAC Level 2hopブロードキャストプロトコルに関する一検討
 國安 哲郎, 重安 哲也 (県立広島大)

b) 災害時におけるDTNを用いた効率的な情報配信先選定アルゴリズム
 足立 梨恵, 重安 哲也 (県立広島大)

c) 災害時のすれ違い通信による道路通行実績の共有効果に関する一検討
 山崎 加菜, 重安 哲也 (県立広島大)
発表の様子(1)
発表の様子(1)
発表の様子(2)
発表の様子(2)
発表の様子(3)
発表の様子(3)

このページのトップへ