ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]学生2名が「学生ケータイあわ~ど2015」で入賞しました

[経営情報学科]学生2名が「学生ケータイあわ~ど2015」で入賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月16日更新

[経営情報学科]学生2名が「学生ケータイあわ~ど2015」で入賞しました

 2015年11月1日(日)に広島市立大学で開催された「学生ケータイあわ~ど2015」(主催:電子情報通信学会中国支部学生会)の最終審査会において,経営情報学科3年の知念栄太君と玉田一帆君の2名が入賞を果たしました。

 「学生ケータイあわ~ど2015」は,携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末に関する企画やアプリを競い合うコンテストです。携帯端末を利用したサービスやモバイルデバイスについての企画アイデアを競い合う「アイデア部門」と,実際に動作するアプリを競い合う「作品部門」の2部門が募集されていました。

 知念君と玉田君は,アイデア部門に応募し,事前に行われていた企画書による審査で上位に残って入賞し,入賞者が参加する最終審査会に参加しました。最終審査会では,ポスター発表による審査が行われた結果,知念君(作品名「週末農業」)が入選を受賞,玉田君(作品名「無人野菜販売所の販売・購入支援アプリ」)が学生会特別賞を受賞しました。
ポスター発表の様子(知念君)
ポスター発表の様子(知念君)
ポスター発表の様子(玉田君)
ポスター発表の様子(玉田君)
さらに詳しい情報は以下のサイトで見ることができます。

このページのトップへ